2018年11月14日

挑戦の判断

面接をすべて終え、有難いご縁を頂いた方々に結果のメールを差し上げた。
皆さん素晴らしい方々ばかり、こちらの都合で良いご返事ができなかった方にはたいへ申し訳なく思っている。
今の事業を必ず成功に導き、改めて良いご縁を築ける様頑張ろうと思う。

目指す未来に向けて、今ある資産をつかいどれほどの投資をしていくか?
その答えはいつもないが、経営者はそれを自分の感で決断しなければならない。
挑戦とはそういうことであり、もしその答えが分かっているなら挑戦とは言わない。
ホンダがまだ小さな会社だった頃、本田さんは資本金の何十倍もする機械を海外から購入した。
そして、「もしホンダがダメになっても、この機械は日本に残り必ず役に立つ」
という考えで銀行から大きな借入をして海外(米国?)からその機械を購入したと言う。
そんな大きな考えではないが、我々が今挑戦していることも、
もし日本ソフトがダメになっても、必ず我々の技術は世の中の多くの方々に役に立つ。
従って、今回ご協力頂くパートナーの皆さんも、これから習得される技術は必ず役に立つ。
そう私は考えている。
有難くも時を同じくして、そうした我々の技術を必要とする業界が今大きな変革を遂げようとしている。
この新事業は4年前からスタートしたが、私の考えではここにきてレイヤーが一気に変わったと感じる。
その次元の違ったレイヤーで、我々の技術が必ず役に立つと確信している。
今活躍頂いているパートナーの皆さんと、今回ご縁を頂いたパートナーの皆さんと、
共に力を合わせ我々の目指す未来に向け全力で挑戦していこうと考えている。



posted by kurihara at 21:10| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする