2018年09月19日

それぞれの一歩を踏み出す

人にはそれぞれの道がある。
その道はどれもが平坦ではない。
また、優劣をつけられるものでもない。
どの道も貴く、どの道も唯一の道である。
その道をひたすら一生懸命に歩むこと。
それが自分にできる最大限のことである。
そして、その結末は、残念ながら神のみぞ知る世界で、
自分で思う様になるものではない。
道中やれることは、これがベストと考えられることを、
一歩一歩全力でやっていく以外にない。
そして、一歩進めば新しい風景が見えてくる。
考えているばかりでは決して新しい風景は見えてこない。
まずは最初の一歩を踏み出すこと。
それが何よりも重要なことである。
歳をとると新しい一歩を踏み出すことが難しくなる、と言われるが、
逆に新しい一歩を踏み出すチャンスは時間的にますます無くなるのだから、
歳をとったら大いにそのチャンスを活かさなければならない。
今、私は新たな挑戦をしようと考えているのだが、
正にそうした考えで、わくわく感をもちながら大いに挑戦していきたい。
そして、来年の今ごろはその一歩が目指す姿が現実になっている。
そんな明日をみんなでつくっていきたい。







posted by kurihara at 23:32| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする