2016年06月25日

イノベーションと心理

イノベーションで重要なことは、それとは真逆の従来の世界に働く人々にどれだけ配慮できるか。
従来の世界で真面目に働く人々が存在し、そこには生みの生活がある、という現実への配慮である。
それなくして、みんなから歓迎されるイノベーションは実現しない。
そのことを最も重要視した戦略こそ大切であり、新しい未来を創るために不可欠なのである。
そうした戦略がないとイノベーションは、多くの人々に嫌われ、歓迎されないものである。
「心理」と「論理」と言えるかもしれない。
心理に配慮なき論理は歓迎されないのである。
こうした極めて単純な真理を理解できるようになるまで、自分は相当な時間を要してきた。
愚かだった。
しかし、随分と長い歳月を費やしてしまったが、そのことに気付けたことを心から有難く感謝に堪えない。
すべては何事も生身の人間が関与している、という厳格な事実である。
自分たちの夢を実現するために、世の中にもっと役立てる存在になるために、
この真理をいつも心にかけて歩んでいかなければならない。
明日からまたがんばろうと思う。











posted by kurihara at 21:44| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

6月の誕生日

今年も6月の第二の誕生日が近づいてきた。
あれから何十年の歳月が流れただろうか・・・。
真っ暗闇の長いトンネルの中で、必死に出口を探しながら毎日を生きていた。
今日一日が無事送れることだけを祈りながら、必死に生きていた。
財布の中はいつもコインしかなかった。
元旦の午前中だけ休み、364.5日働いた。
明日のことを考えると不安だらけなので、兎に角今日一日を精一杯生きることだけを考えた。
そして、疲れ果て、やっと床に就けた時、一日が無事送れたことに感謝した。

あの時のことを思うと、今どれほど有難い毎日を送らせて頂いているか。
あの時の辛さから比べれば、それこそ何だってできる。
こうならないか、ああならないか、いろいろ考えることがどんなに有難く贅沢なことか。
感謝を忘れてはならない。

6月の誕生日は、いつも辛さもあるが、それ以上に大切なことを思い出す、
とても有難い日でもある。
今こうして元気に、ささやかな夢をもって生きていけることに心から感謝している。








posted by kurihara at 06:23| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

アイデアと未来

新しいアイデアは、どうしても行こうとする未来があれば生まれる。
行こうとする未来が明確にあり、それと現状とのギャップがある時、新たなアイデアが生まれる。
言葉を変えれば、生きているではなく、生きていくということはそういうことだ。
鍵は、未来を描けるか否か。未来を描こうと思うか否か。すべてはそれによって変わる。
では、そうした気持ちをもてる自分がいるかいなか?
この問いに対する答えは簡単ではないが、確かにわかっていることは、
どんな時も、ずっとそうした気持ちをもって生きてこれたことに深く感謝している。
どれほど恵まれた人生なのか。
心から感謝している。
これからも精一杯、新しいアイデアを生み出しながら、
少しでも世の中に役立っていけたら幸せな人生である。





posted by kurihara at 21:46| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする