2017年06月23日

流れが変わった

六月も残り七日で七月に入る。

今年も早半年が過ぎる。

前回も書いたが、毎年六月は普通の月とは違い、

毎日をいつもより身を引き締めて暮らしている。

何事につけても原点を思い起こしながら、

一つ一つの事柄に感謝しながら過ごしている。

今までは、夢の中にも普段は現れない人が多く出てきたし、

現実も何故か問題が発生することが多かった。

しかし、今年は何処か違う。

今のところ問題は何も起こらず、有難い毎日が続いている。

今年からどうも何か大きく流れが変わった様な気がする。

どうも人間には理屈では理解できない世界がある。

目的も目標も大切だが、それを成し遂げられるか否か?

運や出会いや偶然など、もっと神秘的な力も大きく影響する。

だからこそ、日々力を尽くして、深く考え、実行に移すことが重要になる。

心理と論理と実行、そして感謝と祈り。

そのどれが欠けても物事は上手くいかない。

丁寧に、謙虚に、真摯に日々を歩んでいきたい。

posted by kurihara at 12:39| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

六月

六月は、自分の第二の誕生日である。
三十数年前にそう決めて生きてきた。
決していい思い出ではないが、しかし最も大切な思い出のある月だ。
そして、今こうして生きていけることに心から感謝している。
また今まで、この六月は結構多難なことが多く発生しているのだが、
何故か今年は、有難いことを多く授かっている。
徐々に何か大きな流れが変わった様に感じる。
昨日も、懸念していた大きな仕事が思っていた通りの運びとなり、
みんなとても喜んでいる。
まだ月半ばだが、このまま無事六月が終わって欲しいと願っている。
これは、みんなで力を合わせ粘り強く一歩一歩努力してきた結果なのだと思う。
こうして積み上げてきたものは、そう簡単に崩れることはない。
これからも今までと同じ様に、
謙虚に、真摯に、感謝を忘れず、精一杯歩んでいこうと思う。
どこまでいけるか分からないが、
未来に向けて毎日全力投球していけることを心から有難いと思う。










posted by kurihara at 22:48| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

自然の法則

自然界にはすべて競争がある。
一瞬だが、競争がない世界を創れるのは人間だけであろう。
しかし、競争がなければどんなに崇高な思想をもった人間も必ず堕落していく。
もっとも、もっと長い時間軸で観れば、競争のない世界を創った人間もやがては朽ちていくのだが。
人間も所詮自然から命を授かった生き物でしかないのだから。
しかし、競争は時にとても惨い世界をつくる。
だから競争は良くないことだと考えてしまうこともある。
私も、競争は良いことだとは考えてこなかった。
競争のない世界の方が良いように長い間考えてきた。
しかし、競争がない世界では、人間は必ず腐敗し、堕落していく。
いかなる競争でも良い訳ではないが、
競争がない世界では、いったん権力をもった人間はやりたい放題のことをやり出す。
人間のエゴは果てしない。
しかし、自然は必ず終わりを用意してくれている。
どんな生き物も、必ず終わりが訪れる。
永遠に生き物として存在するものは一つもない。
それが大きな救いである。
すべて自然界に還っていくのだ。
そう考えて、物事に対処すれば、小さなことに腹を立てずに済む。
そして、どんな時も自分が今この瞬間生かされている、と冷静に感じられれば
すべては有難いことばかりである。
すべては感謝することばかりである。
そして、感謝できれば幸せになれる。









posted by kurihara at 22:22| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする