2018年12月30日

直球勝負

今年最後のブログを書こうと思い、5年前の今日12月30日に書いたブログを読み返した。
徒然なるままに書いたもので、まぁ徒然なるままに書かなくとも大した内容ではないが、
5年前にどんな気持ちで自分がいたかがよく分る。
また、その頃と比べて自分が成長していないこともよくわかる。
良く言えば、この歳になっても相変わらず夢も希望ももってやっている自分がいるとも言える。
物事は解釈次第だから御目出度いといわれるだろうが、未だ夢も希望も満ち溢れている自分がいる。
そのことをたいへん有難く、たいへん嬉しく、そしてたいへん感謝したい。
私は、幼い頃から何か問題や辛いことがあっても必ず乗り越えられると何の疑いもなく思ってきた。
まったく自分の思いとは正反対の出来事が起きても、それは神様が自分を試しているのだとか。
自分をもっと逞しくさせるためにこうした試練を与えているのだとか。
本当に勝手に、自分に都合よく考えてきた。
そして、いつの日か自分の思いは必ず実現できるのだと素直に信じてきた。
ほんの一瞬はたいへんだとか、どうしようか、と悩まないではないが、
気持ちの切りかえが早く、悪いことも良いように解釈して次に進む。
まぁ、阿呆と言えば阿呆なのだが、くよくよしないタイプなので試練には打たれ強い。
そんなことを思いながら、今日は何十年ぶりかで年末に日本にいる息子と一緒に、
母の墓参りに行ってきた。
半日ばかり一緒だったので彼の近況をいろいろ聞いていると、
まぁ自分によく似ているので驚いた。
考えていることも、やっていることも幼稚で、まるで十代の子供のようだ。
自分は、「直球しか投げられない」と表現したがまったくその通りなのだ。
やはりDNAは争えないのだなぁー、と素直に感じた。
自分の息子だからどうしようもない。
きっと彼もこのまま私と同じ様に歳をとっていくのだろう。
血は争えないものである。
今更仕方ないので、来年も大いに居直って直球で勝負していこうと思う。
それでは、今年も一年間ありがとうございました。




posted by kurihara at 17:25| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月22日

仲間と出逢う

人との出逢いは奇跡あるいは運命というしかない。
地球上には今76億の人がいると言われている。
そして、時間軸で言えば人類の歴史は2万年。
地球の広さは510,000,000km2。
その広さがどれほどのものか?見当はつかないが相当なものである。
そうした条件の中で、ほんの一握りの人と我々は出逢う。
これを奇跡または運命と言わず何と言うのか。
だから私は人との出逢い(縁)を大切している。
それは奇跡であり、運命であり、何か大きな意味があるはずだ。
出逢いまでにはお互いが辿ってきた歴史があり物語がある。
そして、出逢った時からそこにまた新たな物語が生まれる。
どんな物語か、それは互いがどんな物語を創りたいかにより決まる。
その未来の物語を共有し、協力し合い、手を携えながら一緒に歩む。
それを仲間という。その仲間にはルールがある。
「All for one、One for all」
今年の年末はそんな素敵な仲間と出逢えた。
今、その素敵な仲間と来年から創る物語にわくわくしている。
なんと有難いことか。
来年が楽しみだ。










posted by kurihara at 23:01| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

忘年会

今年も師走を迎えることができ有難い限りである。
一年を無事過ごせることがどれほど当り前でないことか。
「忘年会とは、一年間にあったことを振り返り、苦労を労り、
疲れや嫌なことを忘れて、また新しい気持ちで来年も頑張ろう」
という趣旨であるらしいが、人間はそもそも忘れる生き物であり、
それ故に生きていくことができるとも言える。
しかし、忘れてはならないこともありそれが未来への大きな力にもなる。
その忘れてはならないことに心から感謝し、また新たな気持ちで、
来年もがんばろうと思う一年の締めくくりが忘年会でもある。
ここに来るまでに如何に多くのドラマがあり、苦難も幸もあったことか。
多くの人が毎年そうした年末を迎えてきたのではないだろうか。
大晦日が近づくと故郷に帰る人、もはや帰る故郷がない人。
年末は普段では感じない人それぞれの人生が露わになる。
そんな師走を有難いと感じられることがどれほど幸せなことか。
どれほど当り前ではないことか。
至らない自分は若い頃そうしたことが分らず忘年会を迎えていたが、
この歳になり少しはその意味を感じられるようになり感謝している。












posted by kurihara at 21:47| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする