2018年06月21日

余裕

余裕をどのようにつくるか?
とても難しい課題である。
一つの方法は絶対的なルールをつくることかもしれない。
例えば一日は誰もが24時間しかない。
そこで、24時間の内、余裕に割く時間を毎日2時間と決める。
その2時間は何があっても「余裕」時間に当てるというルール。
その「余裕」により、未来に向けた貯蓄や投資ができる。
あるいは、音楽や読書によりささやか豊かさを手に入れることもできる。
もちろん、そんな余裕はない、という現実もあるだろう。
自分もそうした経験を少しはしてきたので、
そうした現実の渦中で、私が言う様な「余裕」なんて・・・、
と言いたい気持ちはよく分るし、現実は実際そうであろう。
だから、難しい永遠の課題なのだ。

「落ち着く」
という言葉があるが、意味は「落ちて」、「地に着く」という意味なのだろう。
即ち、それ以上落ちようがない。
地面に身体を横たえ、これ以上どうしようもない。どうとでもしろ!
という居直りの状態を、「落ち着く」というのだと実感したことがある。
そうなると、妙に心は落ち着くものである。
どうにかなる場合は落ち着かないが、どうにもならない場合は落ち着く。
どうにもならないので何とでもなれ、という気持ちが自然と落ち着く境地を生み出す。
「まな板の上の鯉」というところだろうか。
そんな状況が生まれるのも人生なので、
どんなに大変な時も、一旦2時間を「余裕」時間と決めればなんとかなるものと考える。
いろいろ工夫をしながら、これからも未来に向かって毎日を過ごしていこうと思う。















posted by kurihara at 22:55| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする