2018年08月22日

甲子園

「俺もう投げられない」
金足農の吉田輝星投手が仲間に言った。
「あんな弱気な輝星は初めてだった」
そして、
「輝星が投げてくれたからここまで来られた」
と仲間は語った。
力の限りを尽くし、仲間たちと限界まで闘った感動のドラマだった。
ここに来るまでどれほどたいへんで、どれほど苦難な道であったろうか。
素晴らしい仲間がいてくれたから迎えられた舞台だった。
人生で大切なことは何か。
それを見せてくれた感動のドラマだった。
仕事もまったく同じだ。
素晴らしい仲間たちと感動のドラマをつくっていきたい。
たった一度きりの大切な人生なのだから。
選手のみなさん、陰で選手を支えたみなさん、
そして、甲子園には出場が叶わなかったみなさんも、
素晴らしい感動をありがとございました!







posted by kurihara at 01:03| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする