2018年10月19日

21世紀のカギは「オープン」

朝晩の冷え込みを感じる様になり気が付けば10月も半ばが過ぎ、
あっという間に師走を迎える季節になってきた。
お蔭様で仕事も日増しに忙しくなり、みんな毎日元気にがんばっている。
数日前からLINEを社内の情報共有ツールとしてつかい始めた。
なかなか良さそうである。
それぞれ自分の担当する仕事があり、
少人数であっても最新情報をリアルタイムで共有することはなかなか難しい。
私のところには最新情報が常に集まってくるが、
それをみんなで共有することは結構たいへんだなぁー、と感じていた。
そこで、LINEをつかってみよう、ということで今週から早速やってみた。
感想を聞くと、なかなかいい感じである。
これにより社内のコミュニケーションがさらに高まる予感がする。
全員の問題や課題共有が素早く明確になり、解決策が早く生まれそうである。
一ヵ月もすればその成果は明らかになるだろうが、大いに期待できそうである。
今はスマホをつかい個人間ではたいへん面白い有意義な情報交換がなされているが、
それを企業や組織で同じ様にやれば、その成果たるや凄いものがあると考える。
そのカギはやはり「オープン」ということになるだろう。
オープンな企業や組織ならこうしたITツールをフルにつかえるが、
そうでない場合はいろいろな思惑が絡み難しいかもしれない。
それがそれぞれの企業間に大きな差をもたらすのではないだろうか。
やはりインターネットで繋がる21世紀のカギは「オープン」なのだと思う。
内部告発で一気に存続の危機を迎えてしまう企業は、
そうした21世紀のオープンのカギをもっていないために、
遅かれ早かれ存続の危機に直面せざるを得ない、と言えるかもしれない。














posted by kurihara at 22:10| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする