2019年09月10日

CPUと頭

外部記憶装置を上手く使えるか否か、仕事を進める上でとても重要と考える。
私のような凡人は、優れたCPUは備えていないため、
何か考えごとをするのに、些細なことでCPUのメモリーをつかっていると、
やがてCPUがパンクし、集中して深く考えることはできない。
そこで、外部記憶装置(ハードデスク等)に必要な情報を一旦書き込み、
インデックスだけを残し、出来るだけCPUは空けておくように心掛ける。
それでも私のCPUは直ぐに一杯になるので、
短時間でできる仕事は出来る限り直ぐ済ませ、後に残さないようにする。
そうすることで、頭の中が整理整頓されクリアーになる様に思う。
と言っても元々たいした頭ではでないので、たいしたことは出来ないのだが。
いや、だからこそ常にクリアーな状態に頭を保つ努力をしなければならない。
頭が良い、悪いということももちろんあるだろうが、
それを言っても何の解決にもならないので、頭の使いかたを良くしなければならない。
それは、コンピュータのCPUを上手くつかう方法とまったく同じで、
そのテクニックを磨いていくことはとても重要だと考えている。





posted by kurihara at 00:34| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする