2019年03月30日

最終目標

東京は桜が八分まで咲き、街は華やな趣が感じられる。
三月末はそれぞれ大きな区切りで、新たな門出や別れで街は賑やかさを増す。
一人一人の心の中は、一人一人すべて違うが、それを知るか知らないか、
桜はこの時期に毎年同じ様に美しい花を咲かせる。
思えば今まで桜が咲いていることすら気付かず過ごしてきた年もあった。
花を愛でる余裕もなく、ひたすら夢中で過ごし、気が付いたら季節は既に秋になっていた。
だから今、桜が美しいと感じられるだけで、それがどれほど有難く幸せなことか。
この歳になってその貴さをしみじみと感じられるようになった。
まだまだやりたいことや、やらなければならないことがたくさんあるが、
齢を重ねると、毎年咲く桜がどれほど当たり前ではなく、有ることが難しい有難いことか、
それを感じられるようになった。
若い頃はまったく思わなったことで、この年だからこその感覚かもしれない。
年齢の上の方が、よく「その歳になればわかるよ」と言っていた言葉を思い出す。
まさにその通りで、やはりその歳にならなければ分らないことがある。
こんなことを書くととても年寄り染みたことのように聞こえるが、
その歳になればを、その立場になれば、と置き換えてもまったく同じだ。
だが、その歳にならなくとも、その立場にならなくとも、
相手のことを深く理解し、感情移入でき、同じ立場で泣いて笑える、
そんな人間になれたらいい。
この世を去るまで、そうなれるようにこれからも精進していきたい。








posted by kurihara at 01:01| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする